トライフィナンシャルサービスはどんな会社?

TRYフィナンシャルサービスは東京の両国に拠点を構える消費者金融です。店舗は両国に1店舗のみですが、全国から申し込みが可能となっています。

TRYフィナンシャルサービス1

CMを流しているわけでもなく、もちろん大手消費者金融ほどの地名度はありませんが、金融ブラックと言われる人の間では少し有名な消費者金融です。

その理由は、「金融ブラックの人でも、高い確率で融資を行ってくれる」という噂があるから!

では、そんなTRYフィナンシャルサービスについて、まずは会社情報や商品情報について解説していきたいと思います。

関連記事トライフィナンシャルサービスのヤミ金疑惑を徹底調査

東京で営業している若い消費者金融

まずは会社情報を確認しヤミ金ではないかという噂について、みていきましょう。全国対応の街金

商 号株式会社トライフィナンシャルサービス
本社所在地東京都墨田区両国3丁目19-5シュタム両国ビル6階
TEL03-5638-1400
登録番号東京都知事(3)第31474号
日本貸金業協会会員第005778号

以上のように東京都知事からの認可を受けており、日本賃金業協会にも登録されていることから、ヤミ金であるという噂は嘘であることがわかります。
ヤミ金であれば東京都知事の認可を受けたり、日本賃金業協会に登録することはできません。

もし心配であるようなら、金融庁のホームページから「商号・名称」入力欄に「トライフィナンシャルサービス」と入力してみましょう。

関連記事トライフィナンシャルサービスで審査落ちした場合の対処法

6種類のローンを取り扱っている

TRYフィナンシャルサービスには全部で6種類のローン商品があります。

  • フリーローン
  • 多目的ローン
  • 借換ローン(おまとめローン)
  • 不動産担保ローン
  • ビジネスローン
  • リフォームローン

急に出費がある場合に即座に対応してくれるローンが、こちらのフリーローンです。TRYフィナンシャルサービスの本社は東京ですが、フリーローンは振込みで融資が可能なので全国どこにいても利用できます。

融資条件満20歳〜70歳までの方で、毎月定期収入のある方
融資金額1万円~300万円
年率9.85%~18.0%
返済期間10年以内(1〜120回)
返済方法元金均等返済・自由返済
担保・保証人担保:原則不要  保証人:原則不要
必要書類免許証・保険証・パスポートのいずれか1点
延滞損害金20.0%(年率)

契約の際に必要なもの

消費者金融とローン契約を交わす際には、いくつかの証明書が必要になります。フリーローンに共通して必要な書類は以下の通りです。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書

    また上記に加えて「印鑑」が必要となります。書類に加え、印鑑も必ず用意しておきましょう。
    では「本人確認書類」「収入証明書」として認められるものにはどう言ったものがあるのでしょうか。

    本人確認書類として認められるもの

    本人確認書類として認められる書類は以下の通りです。

    1. 運転免許証
    2. パスポート
    3. 健康保険証

      本人確認書類は原則として顔写真付きのものが望ましいです。

        また、提出する本人確認書類と現住所が異なる場合には以下の書類を追加で提出する必要があります。

        1. 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NTT・NHKなど)
        2. 社会保険料の領収書
        3. 国税・地方税の領収書

          収入証明書として認められるもの

          収入証明書として認められる書類は以下の通りです。

          1. 源泉徴収票
          2. 給与明細(直近2ヶ月分)
          3. 確定申告書

            収入証明書の提出は融資希望額が50万円を超える場合ですが、それ以下の融資額でもトライフィナンシャルサービスが必要と判断すれば提出を求める場合があります。

              少しでも早く融資を実行したいのであれば、あらかじめ準備しておきましょう。

              関連記事トライフィナンシャルサービスは債務整理者でも借入できる?

              他の金融商品(大口融資)

              TRYフィナンシャルサービスでは、前述した一般消費者向けローンに加えて大口融資に対応したローンがあります。

              1. 多目的ローン
              2. 借換ローン(おまとめローン)
              3. 不動産担保ローン
              4. ビジネスローン
              5. リフォームローン

              では、それぞれについてみていきましょう。

              多目的ローン

              TRYフィナンシャルサービスの多目的ローンは、フリーローンより融資額が200万円多く、金利が低めに設定されています。

              融資条件満20歳〜70歳までの方で、毎月定期収入のある方
              融資金額50万円~500万円
              年率9.85%~12.65%
              返済期間10年以内(60回〜120回)
              返済方法元金均等返済・自由返済
              担保・保証人担保:原則不要  保証人:原則不要
              必要書類免許証・保険証・パスポートのいずれか1点
              延滞損害金20.0%(年率)

              小口から大口まで自分の用途に合わせてお金を借入れできるというメリットがあり、原則担保や保証人不要、満20歳以上で安定した収入があれば多目的ローンに申込むことが可能です。

              関連記事トライフィナンシャルサービスでの借入は総量規制の対象になる?

              おまとめローン

              TRYフィナンシャルサービスには、おまとめローンもあります。複数の会社から借入を行っている場合支払いを1つにまとめるローンです。

              融資条件満20歳以上で定期収入のある方
              融資金額50万円〜500万円
              年率9.85%~14.85%
              返済期間5年~最長10年(60回~120回)
              返済方法元金均等返済・自由返済
              担保・保証人担保:原則不要  保証人:原則不要
              必要書類免許証・保険証・所得証明
              延滞損害金20.0%(年率)

              ※借換えの対象となる債務は、「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務に限ります。 (銀行、クレジットカードのショッピング等は対象外)
              商品は、施行規則第10条の23第1項第1号の2の要件を満たした商品です。

              担保や保証人は不要で融資金額は50万円~500万円となります。他の金融機関で多く融資を受けており、返済が大変という場合には検討してみましょう。

              関連記事ぽちスマくんなら来店不要で借りれる?【特徴と注意点】

              不動産担保ローン

              TRYフィナンシャルサービスには、不動産担保ローンがあります。不動産担保ローンとは、所有している不動産を担保にしてお金を借りることができるサービスです。

              融資条件満20歳以上で定期収入のある方
              融資金額300万円~1億円(要審査)
              年率6.8%~14.85%
              返済期間最長30年(360回)
              返済方法元金均等返済・自由返済
              担保・保証人担保:不動産  保証人:原則不要
              必要書類運免許証・保険証・登記簿謄本など
              延滞損害金20.0%(年率)

              キャッシングでは、借入を行う人の信用情報を元にお金の借入を行いますが、不動産担保ローンであれば、信用情報以上に高額なお金を借りることができます。

              また、低い金利で高額なお金を借りることができることも特徴です。ただし不動産担保ローンは、即日融資にはならずに最短で3日後の融資となります。

              関連記事トライフィナンシャルサービスの来店での申込方法とアクセス

              事業者ローン

              TRYフィナンシャルサービスは商店などの個人事業主から中小企業の経営者、またこれから新規事業を始めようとしている人に対しても融資を行なっています。

              融資条件法人代表・個人経営者
              融資金額300万円~5,000万円(要審査)
              年率6.8%~12.65%
              返済期間最長30年(360回)
              返済方法元金均等返済・自由返済
              担保・保証人担保:原則不要  保証人:原則不要
              必要書類健康保険証・運転免許証・所得証明書・決算書
              商業登記薄謄本・住民票・印証(会社・個人)
              延滞損害金20.0%(年率)

              急ぎであれば即日で融資を行う場合もあるそうなので、大口融資のわりには非常にフレキシブルなサービスと言えるかもしれません。

              関連記事トライフィナンシャルサービスの口コミ・評判まとめ

              リフォームーローン

              TRYフィナンシャルサービスは中小消費者金融にしては珍しいリフォームーローン商品も提供しています。

              こちらの住宅ローンは最大30年までの長期借入が可能です。

              融資条件不動産所有者の方
              融資金額150万円~2,000万円
              年率6.8%~14.85%
              返済期間最長30年(360回)
              返済方法元利均等・自由返済
              担保・保証人担保:原則不要  保証人:原則不要
              必要書類運転免許証・健康保険証・収入証明書
              延滞損害金20.0%(年率)

              銀行の住宅ローンに比べると金額が高いことは否めませんが、銀行の住宅ローン・リフォームローンで審査落ちしてしまった方でどうしても資金が必要という場合、検討してみても良いのではないでしょうか。

              関連記事トライフィナンシャルサービスでおまとめローンを組む際のポイント

              トライフィナンシャルサービスの申し込み方法

              ご説明してきた通りトライフィナンシャルサービスでは、あらゆるローンに対応していることがわかりました。

              審査の注意点
              ここから先は肝心の申し込み方法の流れについて解説していきましょう。

              1. 申し込み
              2. 申し込み内容の確認
              3. 審査
              4. 契約手続き
              5. 融資実行
              申し込みから融資の流れについては上記の通りです。では順番に、それぞれについて詳しくみていきましょう。

              3つの方法から自分にあっているものを選択

              トライフィナンシャルサービスでは3パターンの申し込み方法が用意されています。

              1. インターネット
              2. 電話
              3. 来店

              トライフィナンシャルサービスは即日融資に対応していますが、即日融資ができるのは「電話」もしくは「来店」による申し込みとなります。

                また、振込での融資を希望の場合には「インターネット」による申し込みとなります。

                トライフィナンシャルサービスの審査の流れ

                申し込み方法によって、融資スピードや融資方法が異なるので注意が必要です。また、「振込融資」と「即日融資」では審査基準が異なります。

                申し込み内容の確認

                申し込み方法によって確認の方法も変わります。

                「インターネット」による申し込みをした場合には、担当スタッフが申し込み内容の確認を行い、確認がとれ次第お客様に内容確認の電話をします。そこで問題がなければ審査に移ります。

                「電話」での申し込みの場合には、その場で内容を確認し、受付可能か判断します。受付可能と判断されれば審査に移ります。

                また、「来店」での申し込みの場合も「電話」での申し込み同様、その場で内容を確認し、受付可能か判断します。

                審査

                トライフィナンシャルサービスの申し込み条件は「満20歳以上で定期収入のある方」のみです。
                金融ブラックの状態でも借りられるという口コミをよく目にしますが、これはそういった信用情報よりも、年収や勤続年数といった属性を重視しているためだと思われます。

                ただし、審査方法や審査の内容に関してはトライフィナンシャルサービスも公開していません。
                信用情報や属性に大きな問題がない人でも審査落ちしているケースはあるので、審査方法が疑問視されている場合もあります。

                在籍確認

                トライフィナンシャルサービスでも勤務先への在籍確認は必ず行います。
                しかし、トライフィナンシャルサービスという会社名で電話をかけてくることはなく、個人名で電話をかけてくれます。
                個人名で電話がかかってくることが少ない会社であれば、少し怪しまれるかもしれませんが、そうでなければ在籍確認でバレる可能性は低いでしょう。

                契約手続き

                審査を問題なく通過すれば契約手続きに移ります。前述したように、以下のものを準備しておきましょう。

                1. 本人確認書類
                2. 収入証明書

                これらのコピーを「来店」もしくは「郵送」「FAX」で提出します。

                  融資実行

                  必要書類の確認が取れたら、融資が実行されます。

                  融資方法は以下の通りです。

                  1. 店頭窓口
                  2. 口座振込

                  申し込み方法の部分でも説明して参りましたが、「口座振込」を希望の場合は「インターネット」もしくは「郵送・FAX」による申し込みを選択する必要があります。

                    口座振込の場合は書類が自宅に届く

                    「来店」にて契約をした場合は、その場で書類を渡してもらえるので問題ありませんが、「口座振込」の場合は契約に関する書類が後日、個人名にて自宅に届きます。
                    これにより家族にバレてしまう恐れがありますが、店舗は東京のみに拠点を置ているため来店できる人は限られてしまいます。

                    返済に関して

                    融資が実行されれば、次にしなければならないのは返済です。
                    返済方法は以下の通りです。

                    1. 店頭での返済
                    2. 指定口座への振込による返済

                    毎月決まった額を返済していきますが、繰上げ返済や月によって多く返済することもできます。

                      返済残高の照会は店頭に電話、もしくは直接店頭窓口にて聞くことができます。

                      返済シミュレーション

                      借入希望額10万円、返済回数10回、借入金利18.0%の場合

                      回数返済額元金利息残高
                      110,9009,3761,52490,624
                      210,9009,5631,33781,061
                      310,9009,6651,23571,396
                      410,9009,8471,05361,549
                      510,9009,96293851,587
                      610,90010,11478641,473
                      710,90010,28961131,184
                      810,90010,42547520,759
                      910,90010,59430610,165
                      1010,32010,1651550
                      108,420100,0008,4200

                      これは返済シミュレーションの一例であり、借入額によって担当者がライフスタイルに合わせた返済プランを提案してくれますよ。

                      トライフィナンシャルサービスのメリット・デメリット

                      では、これまでの解説を踏まえながらトライフィナンシャルサービスのメリット・デメリットについて確認していきましょう。

                      トライフィナンシャルサービスを利用するメリット

                      トライフィナンシャルサービスを利用するメリットには以下のようなものがあります。

                      1. 即日融資に対応
                      2. 大口融資に対応
                      3. 専業主婦(主夫)の申し込みもできる
                      4. 来店不要で完結できる

                      即日融資に対応

                      トライフィナンシャルサービスでは、100万円までの融資であれば即日対応も可能となっています。
                      しかし、即日融資を希望するのであれば平日の午後三時までに審査を通さなければなりません。
                      インターネットからの申し込みは早いように思えますが、即日融資には対応していないので注意が必要です。

                      大口融資に対応

                      トライフィナンシャルサービスでは、中小の消費者金融では珍しく「おまとめローン」や「事業者ローン」「不動産担保ローン」などの大口融資にも対応しています。

                      特に個人事業主の人は、消費者金融などでもお金を借りにくい部類に入りますが、事業者ローンでは事業の継続性や事業計画から柔軟に審査を行ってくれますよ。

                      専業主婦(主夫)の申し込みもできる

                      大手消費者金融では、専業主婦(主夫)による申し込みは受け付けていませんが、トライフィナンシャルサービスでは配偶者に安定した収入があれば専業主婦(主夫)でも申し込むことができます。
                      ただし、以下の書類が必要になります。

                      1. 配偶者の同意書
                      2. 婚姻関係証明書
                      つまり、配偶者にバレずに借り入れる事はできないということになります。配偶者の協力が得られる場合には活用するといいでしょう。

                      来店不要で完結

                      トライフィナンシャルサービスの店舗は東京の両国のみとなっているため、直接来店する事は多くの人にとって現実的ではありません。

                      しかし、申し込み方法を「インターネット」もしくは「電話・FAX」にすれば来店することなく契約ができるので、メリットの1つと言えるでしょう。

                      トライフィナンシャルサービス申込者・利用者による口コミ

                      最後に、トライフィナンシャルサービスを利用した人の口コミを紹介していきます。
                      実際に利用した人の意見を参考に、利用するかを決めてはいかがでしょうか。

                      TRYフィナンシャルサービス1

                      • 翌日の午前中には、伝えた自分の口座に振り込みがありました
                      • 属性が悪く他社で落ちてしまったけれど、トライフィナンシャルサービスの審査は通過した
                      • 他社の4件80万円を株式会社トライフィナンシャルサービスさんで一本化して貰い、複数あった返済日が非常に楽になりました
                      • 借りたことあるけど普通の街金という感じ。闇金ではないよ
                        • 債務整理をしたことがあったが融資を受けられた
                        • 他社への返済を延滞中に申し込んだが借りられなかった
                        • 総量規制に引っかかるため融資を受けられなかった
                        • カードローンだと思って申し込んだのにカードローンじゃなかった
                        • 女性より、男性のように収入が安定している方が無難な金融会社。
                        • 大手に通るなら特にここに頼むメリットはなさそう

                          以上のような口コミがありました。金融事故を起こしたことのある、いわゆる「ブラック」状態の人が融資を受けられることもあれば、審査次第では過去になんの事故履歴がなくても審査落ちすることもあります。

                          審査はあくまで現在の支払い能力を見ているので、ブラックでなくても支払い能力に問題ありと判断されたのかもしれません。

                          トライフィナンシャルサービスの記事一覧