マンモスローン

マンモスローンの審査や申し込み【借入れ前にチェック】

マンモスローンの審査時間は公式サイト曰く最短即日。しかし実際には長引いてしまう事が多いようです。ではどう対策すれば審査時間を短くしてお金をお借りることができるのかまとめています。

マンモスローンは即日融資が可能。では審査時間は?

消費者金融マンモスローンの審査時間は公式サイトによると最短即日融資。

ということは申し込んだその日に借入することも可能ということで、

  • 給料日までのお金がない
  • 急な祝い事で出費が…

    という時でもマンモスローンなら安心ですよね。しかしあくまで「最短」ですので、審査時間が1日以上かかる場合もあります。

    ではどう対策すればこの審査時間を出来るだけ短くすることができるのでしょうか。そこでこの記事ではマンモスローンの審査について分かりやすく情報を解説したいと思います。

    マンモスローン1

    おまとめローン「マンモスローン」の審査条件や申し込み方法は?

    1. マンモスローンは最短即日融資

    マンモスローンは審査時間最短即日なので、早ければ当日に本審査の結果がわかり、最短即日でお金を借りることができます。

    ですが、注意したいのは「時間などの状況によっては審査結果が伸びたり翌日になってしまう」という場合ももちろんあるということ。

    関連記事マンモスローンは他社延滞中でもお金を借りれる?

    マンモスローンの詳細情報

    マンモスローンの審査対応時間は、平日の9時~18時となっています。

    18時以降の夜遅くに申し込みをしても審査は行われませんし土日に申し込んでも月曜日の審査になります。夜に手続きをした分は、翌営業日の対応になります。

    反対に朝早く申し込みをした場合は、当日の朝9時にならないと審査対応が行われません。

    マンモスローンの審査から融資までの流れ

    マンモスローンをネットで検索するとブラックOK!などの口コミが踊っていますが、決してそういうわけではありません。
    審査の注意点

    中堅の消費者金融と大手消費者金融に違いはあるの?

    マンモスローンの申し込み、審査内容は以下のようなステップで進みます。
    1. 申込み(申込フォーム入力)
    2. 審査結果の連絡(電話またはEメール)
    3. 在籍確認
    4. 契約手続き
    5. 借り入れ

    マンモスローンの融資申し込みはパソコン・携帯電話・スマートフォンなどの「ネット申し込み」と、「直接電話しての申し込み」のいずれかから選択できます。

    関連記事マンモスローンのヤミ金疑惑を徹底調査!闇金との違いは何?

    マンモスローンの審査申し込みの条件は?

    1. 年収
    2. 勤務先、勤続年数
    3. 雇用形態
    4. 居住形態、居住年数
    5. 個人信用情報

    マンモスローンの審査申し込み条件:年齢について

    マンモスローンに限らずキャッシングの審査内容で何を見たいかと言えば、返済能力の有無です。

    融資内容はキャッシング各社によって異なりますが、「ある一定の審査内容に達したら融資可能」。逆に内容に満たなければ、マンモスローンでは審査落ちになります。

    それを確かめるために、審査ではありとあらゆる審査内容を様々な方向から検証しているのですが、マンモスローンの審査についてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

    マンモスローンで最も重視される審査内容は信用情報

    上記のように、マンモスローンではこれらの情報から返済をする人かどうかを判断していますが、この中で審査の際の最も重視される審査内容が信用情報です。

    本審査で特に見られる信用情報とは

    信用情報は申込人のお金に関する性格を判断する審査内容です

    お金がある人でもない人でも支払いにしっかりしている人はいますし、ルーズな人はルーズです。

    そのため、今現在で他社に延滞があると、信用情報から「この人は返済能力がない」と判断され審査落ちしてしまうのです。

    とはいえ、プロミスやSMBCモビットの大手消費者金融に落ちた後でマンモスローンの審査内容を受けても審査落ちになってしまうのか、というと必ずしもそうとは限りません。

    マンモスローンの審査で大事なのは収入の大小ではなく安定度

    • 今月はアルバイト収入が30万円あったけれども、来月以降は仕事があるか分からないAさん
    • 毎月3万円のアルバイト収入が確実にあるBさん

    の2人を比べてみると、今月だけの収入ではAさんがBさんの10倍もありますが、来月以降が分からないのではきちんと返済することが約束できず「返済能力」に欠けていることになります。

    対してBさんは少ないながらも毎月確実に収入があるので「きちんと返済」していける約束ができるので「返済能力がある」とみなされます。

    この場合、BさんよりもAさんの方が審査に落ちる可能性は高いです。つまり収入の大小ではなく、その安定度が審査内容だということ。
    ここからはマンモスローンの審査通過を高めるポイントについて見ていきましょう。

    マンモスローンの審査内容を踏まえたポイント

    先に触れたように第1のポイントは「安定した収入」です。

    また、マンモスローンでは3つある個人情報信用機関CICJICC全国銀行個人信用情報センター)のうち2つ(CIC・JICC)に照会を行い、他社借入件数・他社借入残高や過去の債務整理について審査します。

    債務整理についてはすでに述べた通りですが、この他社借入件数・他社借入残高などの審査内容が審査通過のための第2のポイントです。

    いくら安定した収入があっても、その多くを他社の返済に使っているようでは新たな融資をしてもきちんと返済される可能性が低い(=返済能力が低い)と判断され、審査に落ちてしまいます。

    特に他社借入件数が多い場合「それだけ多くから借り入れするほどお金に困っている」と見なされ、審査落ちにつながるのです。

    内容①何社から借りているか

    いくら借りているか以上に何社から借りているのかは内容もチェックされます。同じ額を借りているのでも、数社から少しずつ借りている人よりも、1社からまとめて借りている方の方が信用度は高いです。

    また、3社を超えると審査になかなか通らなくなり、5社を超えると全く通らなくなる傾向にあります。

    内容②いくら借りているのか

    あなたの年収に対して借りすぎている人は、「返せないから借りている」と判断されてしまい、通る可能性は著しく落ちます。

    また、マンモスローンは総量規制という法律の対象で、他社との合計で年収の1/3を超える額は貸すことはできない決まりですので、既に年収の1/3近い借入がある方はほぼ通りません。

    内容③トラブルがなかったか

    過去に長期間クレジットカードなどの支払いを延滞した経歴のある方は避けられます。ちなみにクレジットカードの延滞ですと約5年、履歴が残ってしまうことが一般的です。

    そしてこの信用調査のタイミングでブラックの履歴のある方や多重債務者は落とされる傾向にあります。

    過去にトラブルのあった方や他社からの借入が大きい方は、どこのキャッシング会社も避けるからです。

    現段階で少しでも他社に対して延滞しているものがある場合もマイナスになるため注意が必要です。さらに、過去にマンモスローンを使う中で延滞をしたことがある方は履歴が残っている可能性が高いので注意しましょう。

    審査内容には在籍確認もある

    マンモスローンの審査内容のひとつとして在籍確認というものがあります。これは申込者の勤務先に電話して「実際に在籍しているか」を確認するというもの。

    このとき、申込者本人が電話に出るか、もしくは同僚から「○○(申込者)は席を外しています」といった返答があれば、在籍確認は無事終了です。

    どうしても電話による在籍確認を避けたい場合は、マンモスローンの担当者へ相談してみましょう。なんらかの対応を取ってもらえる可能性があります。

    ただし電話での確認が取れず、担当者への相談もしなかった場合は「在籍確認がとれなかった」として審査に落ちてしまう可能性が高いです。

    マンモスローンの審査時間を出来るだけ短くするには?

    マンモスローンの審査時間を出来るだけ短くして即日融資を目指すためには、申し込みの際の書類などで虚偽の報告をすることは絶対にNGです。

    そんなことをしてしまえば簡単に審査に落ちてしまい、否決という結果になってしまいます。

    マンモスローンの審査時間は、最短で即日と言いましたが、これは物理的に可能な最短時間ということでその時間が提示されているにすぎません。

    実際の審査の場合、第一次審査であるマンモスローン独自の審査にまず時間がかかります

    その時間は借り入れをしたい人の状況によって異なりますが、少なく見積もっても数時間から審査状況によっては1週間はかかることが予想されます。

    そしてその審査に通過した人だけが次の審査に進むことができるのです。

    審査時間が長い人は収入証明書が必要な可能性も

    審査時間が長い人は収入に問題があるケースが多いので、中には収入証明書の提出を求められる可能性があります。

    マンモスローンでは、基本的に収入証明書は借入希望額が50万円を超えるか、他社借入金額との合計が100万円を超えない限り不要です。

    収入証明書源泉徴収票、課税証明書、直近の給与明細書、所得証明書、確定申告書など

    しかし、マンモスローンの借り入れ限度額の関係で他社借入額との合算が100万円を超えそうな場合など、マンモスローンが必要だと判断した場合は収入証明書が求められるでしょう。

    マンモスローンの審査内容に必要となる書類は?

    以下が審査内容に必ず必要となる書類です。

    • 運転免許証
    • 健康保険証+α
    • パスポート
    • マイナンバー個人番号カードなど、いづれか1点
      これらの中から1通を身分証明書として提出し印鑑も必要となります。

      なお、この条件に当てはまらなくてもマンモスローンが審査内容でに必要と判断すれば提出することになるので事前に準備しておくと良いです。

      審査内容の結果は電話?メール?

      マンモスローンの審査内容の結果(可決・否決や利用限度額)は電話またはメールと、希望した方で伝えられます

      これが通常の審査内容の流れですが、結果の連絡が来ない・ローンカードや契約書が届かないなどの場合は速やかに電話して状況を知らせてもらいましょう。

      マンモスローンの審査・申し込み(まとめ)

      この流れを見てわかるように、どうしても時間がかかってしまうのは一次審査のときのようです。

      マンモスローン1

      一次審査以降は、自分の工夫でなんとでもなります。

      1. 嘘の記載や記入ミスを避けること
      2. 「本人確認書類」と「収入証明書」をあらかじめ用意しておくこと

      この2点に気を付けるだけで変わってきます。

      特に給与明細書の提出では「直行2ヶ月分の提出」となるので予め用意しておくとスムーズに審査が進みます。

      審査内容は定評どおり、大手で審査落ちした人でも門前払いするのではなくキチンと審査を行っています。

      そう考えると、これからキャッシングの利用を考えている人はマンモスローンの審査を検討してもいいのではないでしょうか。

      おすすめの記事